find us on facebook

Ocean Hunter I - カレントフック


カレントフックとは (こちらではリーフフックと呼びます)
2mほどのロープに約10cmの金属製のフックとスナップリングが付いたもので、フックを岩に引っかけ、スナップリングをBCDのDリングに着けるようにします。

なぜリーフフックを使うのでしょうか?
ブルーコーナー、ニュードロップオフ、ペリリューコーナーなど、いくつかのポイントではサメなどの魚を引きつける強い流れがあります。余計な力を使わず、サンゴを痛めることもなく、これらの魚をリーフの上で安全に見ることができるのです。

どのように使うのでしょうか?
魚を見るためにリーフの決められたポイントに着くと、岩や死んだサンゴなど、適当な場所を見つけ、フックを掛けます。流れによってロープが延ばされ、両手がフリーになります(写真を撮る方には最適です)。あとはBCDに少し空気を入れ、リーフから浮き上がった状態にすることで、サンゴを痛めることもありません。フックを外す際には、まずBCDの空気を抜くことをお忘れなく。ダイビング前のブリーフィング時にガイドが使い方をご説明いたします。

どこで入手できますか?
Fish ‘n Finsの創設者、フランシストリビオンによりパラオで発明されたこのフックは、日本のダイブショップでも入手できます。もちろんFish ‘n Fins でもステンレス製のフックのついた丈夫なものを$19.95で販売しております。

 



超有名ポイント
ブルーホール
ブルーコーナー
ニュードロップオフ
ビッグドロップオフ
ジャーマンチャネル
ペリリューカット & コーナー

超有名ポイント
ペリリューエクスプレス
ウーロンチャネル
シアストンネル
石廊
シャンデリアケーブ

人気ポイント
バージンホール
タートルウォール
ペリリューコーラルガーデン
イエローウォール
ゲロンアウトサイド
シアスコーナー

人気ポイント
天塩丸
ジャックシープレイン
ヘルメットレック
マリンレイク
デビルフィッシュシティー

スノーケリングポイント
ジェリーフィッシュレイク
クラムシティー
ゼロ戦

カレントフック

その他のポイント