find us on facebook

Ocean Hunter I - ダイビングポイント - ゲドブスウオール & コーナー


位置:
    タートルコーブの南西、ペリリュー島の北。

コロールからの距離:    コロールから約44km。スピードボートで40~50分。

透視度:    潮流により15m~50m。

ダイビング難易度:    流れにより、初級~中級者から。

ダイビング深度:    棚の上は水面下から始まり、深くても水深8m。そこからドロップオフになっている。

潮流:    潮の流れは一定でなく変わりやすいが、危険な流れではない。(流れのパターンはブルーコーナーに準じている。)

ダイビング概要:    ここはペリリュー島のリーフ北側の一部に相当する。このポイントの南側は、まだ人があまり入っていなく、手付かずのリーフである。

地形:    ゲドブスウオールはジャーマンチャネルから始まり南西端のペリリューコーナーまで続く一連のリーフの一部である。ゲドブス島(無人島)のちょうど南がゲドブスウオールとゲドブスコーナーになる。棚は水面下から始まり、大潮の干潮時は水面に露出する部分もある。棚はドロップオフになっており、80mまで落ちこんでいる。リーフのある部分はブルーコーナーのように沖にせり出しており、潮が当たる。ここはゲドブスコーナーと呼ばれ、棚の上は水深8m程度である。

見られる生物:    垂直のドロップオフには大きなウミウチワが活き活きと生え、絶好の被写体となっている。 また、パステルカラーのソフトコーラルが壁を彩っている。 20m程度の砂地には、よくトラフザメが寝そべっている。また、水深16m付近の壁沿いを進むと、和名があるが日本にはいない、珍しいイナズマヤッコが見つけられる。ゲドブスコーナーは垂直のドロップオフで潮通しがよく、グレイリーフシャークなど大物が集まり、特筆すべきはカスミチョウチョウウオの満天の星空のような群れである。アカモンガラやカマスの群れ、カメ、マダラトビエイ、ヒメフエダイの大群もよく見られる。1~5月の冬場は、カジキの目撃例がある。また、この海域にはイルカが好んで集まり、ボート上からはしばしばハシナガイルカの大群がゆっくり観察できる。

ダイビング:
    流れはコーナー付近で強い事がある。ガイドが流れを見て、コースを決定する。 ●東→西のコース:壁を左に見ながら水深20~30m付近をドリフトする。リーフは始めは傾斜になっており、砂地とガレ場の連続である。10~15分すると、傾斜は垂直の断崖に変わり、ソフトコーラルやウミウチワが美しい。その先がゲドブスコーナーとなる。コーナーは流れが合えば大物が多い。流れが強い場合、水深8mの棚の上にカレントフックをかけ、魚を観察する。 ●南→北のコース:壁を右に見て、リーフの西側からスタートする。人のあまり入っていないリーフは手付かずで珊瑚がきれいである。ダイビングの終わりごろコーナーに到着する。of your dive.

おもしろい実話:    ゲドブス島には、第2次世界大戦以前は日本軍の仮設滑走路があった。今は無人島であるが、その滑走路後が今でも残っている。


Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

Get Adobe Flash player



その他のポイント
クラレンスウォール
フェアリーランド
ジャーマンウォール
バーナムウォール
タートルコーブ

その他のポイント
ゲドブスコーラルガーデン
ゲドブスウォール
ゲロンインサイド
ワンダーチャネル
ショートドロップオフ
その他のポイント
FnFハウスリーフ
ウェストパッセージ
シャークシティー
カヤンゲル
アンガウル
沈船
佐多
呉山丸
忠洋丸
あまつ丸
ブイ6レック
ゼロ戦
USSペリー

カレントフック


人気のポイント