find us on facebook

Ocean Hunter III - ダイビングポイント - ゲロンインサイド(ゲロンコーラルガーデン)


位置:    パラオのリーフ東側、ゲロン島の北側。

コロールからの距離:    コロールから南東に約34km。スピードボートで35~50分。

透視度:    満潮時は20~30m。干潮時は10m以下。

ダイビング難易度:    初級者から。

ダイビング深度:    水面下~水深12mは珊瑚、砂地、ガレ場など様々な環境。水深12~35mは、なだらかな砂地の傾斜。

潮流:    なし

ダイビング概要:    流れがなく、西風で海が荒れている時でも潜れる穏やかなポイント。チェックダイブ、ビギナーなどにもよく使われる。

地形:    馬蹄形のような形のこの浅いリーフはゲロン島の東から始まり、北西にあるデンゲスチャネルに向かってカーブしている。白い砂地は30mから13mまでゆるやかに傾斜している。13~10mの付近から珊瑚が広がり、ビーチ(水面下)まで続いており、浅い部分は干潮時には露出してしまう。以前は美しかった珊瑚は98年のエルニーニョで、大打撃を受けている。

見られる生物:    ゆっくり魚を観察するのに最適のポイントである。人気のコブシメは通年見られる。ここはコブシメの産卵場所になっており、孵化も観察できる。メスは5cmくらいの、ブドウのような形の卵を珊瑚の間にたくさん産み付け、卵が孵化するまでそばで守っている。コブシメは擬態の名人で、珊瑚のへりを注意深く探すと、擬態しているのが見つかるだろう。その他には、水深10mくらいの珊瑚のドロップオフに、和名があるが日本にはいない、珍しいイナズマヤッコやホソフエダイなどがいつでも見られる。これらのいるポイントはパラオでもわずかである。砂地には巨大なツカエイがいたり、浅い珊瑚の根では、スズメダイ、ハナゴイなどが群れ、美しい。

ダイビング:    ボートは2つあるブイのうち1つを選ぶ。白い砂地で水深は浅く、底もあるのでリラックスダイブを楽しめる。

おもしろい実話:    美しいビーチのゲロン島には昔はパラオ人がたくさん住んでいた。今は住居跡は残っているが、無人島となっている。


その他のポイント
クラレンスウォール
フェアリーランド
ジャーマンウォール
バーナムウォール
タートルコーブ

その他のポイント
ゲドブスコーラルガーデン
ゲドブスウォール
ゲロンインサイド
ワンダーチャネル
ショートドロップオフ
その他のポイント
FnFハウスリーフ
ウェストパッセージ
シャークシティー
カヤンゲル
アンガウル
沈船
佐多
呉山丸
忠洋丸
あまつ丸
ブイ6レック
ゼロ戦
USSペリー

カレントフック


人気のポイント