find us on facebook

Ocean Hunter III - ダイビングポイント - ペリリューコーラルガーデン


位置:    ペリリュー島の西側、ペリリュー島南の港の北側。

コロールからの距離:    コロールから南西に約55km。スピードボートで55~70分。

透視度:    潮流により15~40m。

ダイビング難易度:    初級者から

ダイビング深度:    リーフの上は水深1~18m。リーフの端は水深18~23m。

潮流:    なし

ダイビング概要:    ペリリューコーラルガーデンは別名オレンジビーチとも呼ばれる。この名前は第2次世界大戦で付けられた。オレンジビーチは、アメリカ軍が最初にペリリュー島に上陸する際使ったビーチで、大殺戮が繰り広げられた。ビーチが兵士の血で真っ赤に染まったためこの名前が付けられた。リーフには第2次世界大戦でアメリカ軍が ここを侵略したときの、アンカー、パイプ、ホース、ケーブル、大砲の砲弾、鉄砲など、人工物の残骸がたくさん見られる。

地形:    美しい珊瑚のリーフは南端のペリリューコーナーから始まり、北のゲドブス島の方向へ、約10kmに渡り続いている。コーラルガーデンは浅い水面下から始まり、干潮時は一部が陸上に露出してしまう。リーフの端の水深18m付近からは、23mまで急に落ちこんでいる。ここでリーフは、水底がガレ場と砂の斜面に変わる。斜面にはたくさんの山や谷があり、いろんな生物の住み家となっている。

見られる生物:    たくさんの種類の魚や無脊椎動物が観察できる。砂地に隠れるエイやワニゴチ、またカンムリブダイの群れはいつも見られる。コブシメも時々見つかる。リーフの端はペリリューコーナーに近いので、時にはサメやバラクーダ、バショウカジキ、マカジキに遭遇することもある。

ダイビング:    ビギナーから安心して潜れるリラックスポイントである。流れはほとんどなく、満潮時は透明度も良い。リーフの端(水深18m)から潜り始め、浅場に向かって進む。リーフの端の珊瑚は大きく、たくさんの魚の住み家になっている。浅場はどちらの方向に進んでも良い。リーフの上はおもしろく、1ダイブでは見終わらないだろう。水陸両用の上陸用舟艇の残骸、珊瑚で覆われた古いアンカー、墜落した飛行機の残骸、たくさんのゴムのホースなどの他、まだまだいろいろなものが見つかるだろう。

おもしろい実話:
    ペリリューは第2次世界大戦で、最も戦いの規模が大きかった場所でもある。1944年9月15日、ペリリューのオレンジビーチにアメリカ海軍、陸軍が上陸した。島の南側にアメリカ海軍の港が作られた。この港は今日も残っており、ダイビングの休憩場所として使われている。最近、観光客のために新しく木製の埠頭や休憩所がここに増設された。

重要:水中の弾丸や弾薬、爆弾、迫撃砲などには決して手を触れないでください!!!

超有名ポイント
ブルーホール
ブルーコーナー
ニュードロップオフ
ビッグドロップオフ
ジャーマンチャネル
ペリリューカット&コーナー
超有名ポイント
ペリリューエクスプレス
ウーロンチャネル
シアストンネル
石廊
シャンデリアケーブ
人気ポイント
バージンホール
タートルウォール
ペリリューコーラルガーデン
イエローウォール
ゲロンアウトサイド
シアスコーナー
人気ポイント
天塩丸
ジェイクシープレイン
ヘルメットレック
マリンレイク
デビルフィッシュシティー
スノーケリングポイント
ジェリーフィッシュレイク
クラムシティー
ゼロ戦
 
カレントフック

その他のポイント