find us on facebook

Ocean Hunter III - ダイビングポイント - シアスコーナー


位置:
    コロールの西、ウーロン島の北西。

コロールからの距離:    コロールから約27km。スピードボートで30~40分。

透視度:    潮流により15~40m。

ダイビング難易度:    初級者~中級者より

ダイビング深度:    リーフの棚の上で水深3~5m。ドロップオフは垂直に40~55mまで落ちこんでいる。

潮流:    時に強いが、危険な流れではない。上げ潮時に流れが強い傾向にある。

ダイビング概要:    このパラオ西側のリーフは、ジャーマンチャネルまで途切れずにずっと続いている。シアスコーナーの位置するリーフはRebotel Reefと呼ばれる。このリーフにはおもしろいポイントがたくさんある。シアスコーナーはあまりダイバーに荒らされておらず、潮の流れがある時は大物が多く、スーパードリフトダイブが楽しめる。

地形:    シアスコーナーは垂直のドロップオフで、棚の上は浅く、水面下~水深5m程度である。Rebotel Reefはパラオの西側のリーフの一部で、ウーロンチャネルから始まり、北上してシアストンネル、シアスコーナーの端までを含む。ドロップオフは垂直に40~55mまで落ちこんでおり、そこから外洋に向かってガレ場と砂の傾斜になり、水深数100mにもなる。

見られる生物:    上げ潮時にはリーフ沿いにグレイリーフシャーク、バラクーダ、アジ類の群れが現れる。カスミチョウチョウウオ、ツノダシ、アカネハナゴイ、オヤビッチャ、ユメウメイロなどが棚の上を乱舞している。浅い棚の上のオレンジフィンアネモネフィッシュも観察しやすい。コーナーに向かって壁沿いをドリフトする時、壁で寝たり、食事をしているタイマイ(カメ)やアオウミガメにも出逢える。これらはとても近づきやすく、よい写真が撮れるだろう。photo by Peter Lange

ダイビング:    通常、流れによって、コーナーの潜り方を決める。ドロップオフの一番面白い水深は10~20mである。コーナー先端付近に来たら、棚の上に上がりとどまる。 
(注意:棚の上は流れがとても強いこともある。 カレントフックがあるととても便利である。フックをかけるときは、岩や死んだ珊瑚を選び、決して生きている珊瑚にフックをかけて壊さないように注意すること。)

おもしろい実話:    クマノミを観察している時、これは親子なのか、夫婦なのかと疑問をもたないだろうか?各イソギンチャクには1匹だけ、大きいクマノミがいるのが分かる。実はこれがメスで、これ以外の小さい固体はオスなのだ。もしこのメスを取ってしまうと、2番目に大きなクマノミ(オス)が性転換してメスになる。何とおもしろい自然の仕組みであろうか。


Content on this page requires a newer version of Adobe Flash Player.

get Adobe Flash player



超有名ポイント
ブルーホール
ブルーコーナー
ニュードロップオフ
ビッグドロップオフ
ジャーマンチャネル
ペリリューカット&コーナー
超有名ポイント
ペリリューエクスプレス
ウーロンチャネル
シアストンネル
石廊
シャンデリアケーブ
人気ポイント
バージンホール
タートルウォール
ペリリューコーラルガーデン
イエローウォール
ゲロンアウトサイド
シアスコーナー
人気ポイント
天塩丸
ジェイクシープレイン
ヘルメットレック
マリンレイク
デビルフィッシュシティー
スノーケリングポイント
ジェリーフィッシュレイク
クラムシティー
ゼロ戦
 
カレントフック

その他のポイント